2019年優秀味覚賞受賞製品23

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

コラファクト95000特徴

引用:E!Choice楽天市場店オンラインページ

株式会社ECスタジオ製造・販売する 「コラファクト95000」がiTiの1つ星を受賞しました。

「コラファクト95000」は健康食品でコラーゲンゼリーです。

特徴として配合成分量にこだわっており、森永製菓の特許技術を使用した成分「パセノールTM」も配合しています。

 

こだわりポイントとしてオンラインページには、

サプリメントを選ぶ基準として、重要なのが成分含有量。しかし、実際には「○○配合!」とは書かれていても、「○○mg配合」とは書かれていない商品が多々あります。何故か…。理由はひとつではありませんが、明示しなくても良いというルールであるため配合量をしっかり把握することが大切です。ファインベースの「コラファクト95000」は、1箱にリジン30,000mg、プロリン15,000mg、ビタミンC30,000㎎をしっかり配合。自信を持って成分量を明示できる商品をお届けしております。

と、記載されています。

 

製品に自信があるからこそ配合成分をオープンにできるのは企業の強みですね。

私の勝手なイメージでしたが、品質評価ならモンドセレクション、味評価ならiTi(iTQi)と思っていたので健康食品の受賞は難しいのではと思っていましたが、味も認められるのは企業努力の素晴らしさを感じます。

調べてみると、モンドセレクションも2017年に金賞を受賞していました。

味も美容成分もと欲張りな私には嬉しい限りです。

iTi(iTQi)の受賞製品はワクワクする製品がいっぱいです!

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品22

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

わつなぎすだち250㎖瓶500㎖瓶

引用:サントリー食品インターナショナルオンラインページ

サントリー食品インターナショナル製造・販売する 「わつなぎ すだち」がiTiの3つ星を受賞しました。

 

「わつなぎ すだち」は徳島産のすだち果汁を使用したシロップになります。甘すぎず上品な味わいに仕上げた淡甘(あわあま)のシロップで、ぎゅっと搾ったすだちの清々しい香りと爽やかな酸味を再現しているそうです。

 

和糖にこだわり和の素材本来の味わいを表現しているそうで、オンラインページには、

「阿波和三盆糖、沖縄産黒糖、北海道産てんさい糖など、和糖にこだわり、コクがありながら柔らかな甘みを実現。ゆずや生姜などのフレーバー素材は産地限定の国産素材を使用し、それぞれの素材が持つ味わいが生きています。合成着色料は使用していません。」

と、記載されています。

 

すだちの他にもゆずや黒糖など素材は6種類あり、アレンジレシピを紹介しています。

 

和ピリーニャ(すだちカイピリーニャ)がとても気になります。日本酒とすだちと炭酸水で作るカクテルで、淡甘(あわあま)のすだちシロップと日本酒がステイされたらどんな感じになるのか飲んでみたくてたまりません。Amazonや楽天市場でも販売されているので手軽に購入できそうです。

 

最近カクテルを飲む機会が減りましたが、おうちでカクテルもいいなとおうち時間の楽しみが広がりました。

 

楽しみのキッカケやアイディアが広がるとワクワクします。

 

あなたの製品も誰かの楽しみのもとになっていることでしょう。

今回「わつなぎ すだち」をiTi(iTQi)受賞のおかげで知り楽しみが増えました。

あなたの製品もいろんなキッカケでたくさんの人に楽しみを与えていると思います!

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品21

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

パッションフルーツジュース

引用:株式会社川平ファームオンラインページ

株式会社川平ファームが製造・販売する 「パッションフルーツジュース」がiTiの3つ星を受賞しました。

代表取締役の橋爪雅彦さんは東京から沖縄の石垣島に移住し、移住と同時にパッションフルーツの栽培を始め、移住の翌年にはジャムを製造し販売所をオープンさせたそうです。

45年前に屋久島で出会ったパッションフルーツに感動し魅了された味わいをみんなに伝えたいと思いながらも加工の段階で鮮烈な印象が弱くなってしまうことに「なぜ果物本来の味を表現できないのか?」という追求から色々な製品が作られています。

こだわりとして、ホームページに

″完全な無農薬・無化学肥料での栽培、そして人の五感を駆使して選別・搾汁をしながら原料づくりを続けています。加工においても日本人だからこそのこだわりを発揮し、合成添加物は一切使用せず独自製法により果物本来の味や香りを活かせるよう製造しています。″

と、記載されています。

こだわって、芳醇な香りと野性的な酸味を表現できるように作られているそうですが、試してみたくなるのは私だけでしょうか?封を切った瞬間や口に含んだ時、どんな感動が待っているのかとてもワクワクします。

iTi(iTQi)受賞で橋爪雅彦さんの感動や製品を知りました。

あなたの感動やこだわりも多くの人に知ってもらえるといいですね!

 

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品20

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

青研葉とらずリンゴジュース

引用:株式会社青研オンラインページ

株式会社青研が製造・販売する「葉とらずりんご」がiTiの2つ星を受賞しました。

「葉とらずりんご」は1本(1,000g)に6個分のリンゴを使用し、砂糖や水、香料を一切加えず皮ごと丸搾りの100%りんごジュースです。季節や収穫日によって紅玉やふじ等5種類のりんごをバランスよくブレンドしているそうです。だから、注文時期によって味の違いを楽しめるようになっているようです。「今回はふじ主流っぽい」とか「前回より酸味がまろやかな気がする」とか季節や味わいを感じる楽しみがありますね。

リンゴと言えば青森県や長野県のイメージが強いです。

株式会社青研は?と思い調べると青森県弘前市でした。

全国のりんごの生産量が気になり調べてみました。

りんご大学による2018年の全国市町村別生産量ランキングによると、

1位 青森県弘前市 176,600トン

2位 長野県長野市  39,143トン

3位 青森県青森市  36,900トン

以下10位まで青森県でした。

りんご大学の県別生産量ランキングによると、

1位 青森県 445,500トン

2位 長野県 142,200トン

3位 岩手県  47,300トン

で、全国では756,100トンでした。

長野県や山形県のイメージもありましたが、青森県の生産量の多さに驚きました。

りんご大学のサイトには面白いことがたくさん載っています。

品種もこんなにあるのかと驚きましたし、「いぼりりんご」探してみたくなりました。

りんごチャート表もわかりやすく、世界のりんごに関することわざもありました。

仕事中ですが、私の好奇心をくすぐるサイトでやめられなくなってしまいます。

葉とらずりんごジュース195g

引用:株式会社青研オンラインページ

りんご大学のサイトで少し知識を得たうえで改めて「葉とらずりんご」の商品ページを見ると、また違った商品のイメージが広がってきます。

何をキッカケに商品を知るか色々あると思います。

知らなければ購買することはありません。

iTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞していたおかげで「葉とらずりんご」を知ることができ、繋がりで「りんご大学」も知ることができました。帰りの電車では確実にりんご大学のサイトを見ると思います。そして、プレゼントにも良さそうなので、味見がてら葉とらずりんごを購入したいと思っています。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品19

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。株式会社トキワが製造・販売する「梅ごこち」がiTiの2つ星を受賞しました。

引用:株式会社トキワHP

「梅ごごち」とは梅のお酢ドリンクです

ホームページの記載されていますが、「梅ごごち」のサクセスストーリーは1983年に地区観光協会から「梅を原料にした新しい特産品ができないだろうか。」という相談をうけたことが始まりだそうです。

 

クエン酸効果もあり、今でこそお酢を飲む人も増え様々な果実酢がありますが、当時はお酢を飲む習慣は少なかったと思います。果実酢もリンゴ酢くらいしかなかったのではないでしょうか?

 

そんな1984年に清涼飲料水「プラムカクテル」として商品化されたそうです。

そこから毎年試行錯誤を繰り返しながら改良を重ね、急がずあせらずじっくりゆっくり時間をかけてお酢のカドを取り、甘酸っぱいまろやかな今までにない健康飲料「梅ごごち」になったそうです。

 

35年の年月に企業の並々ならぬ努力と愛情を感じます。

私も梅は好きで毎年梅酒を作ります。

 

自分たちが飲む分だけなので材料や分量、衛生面も適当です。

年によって違う味わいを楽しむのも素敵な時間ですが、「梅ごごち」のようにこだわりにこだわって追及し続ける味も感慨深く素敵な時間を過ごせそうです。

「梅ごごち」を知って色々な食し方がありそうですが、「梅ごごち」を炭酸とお酒で割ったものと梅酒と飲み比べをしてみたくなりました。

 

どの製品にも色んなサクセスストーリーがあると思います。

あなたの製品も知ってもらう機会が増えるといいですね。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品18

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

純粋まごころみかんジュース

引用:株式会社ミヤモトオレンジガーデンHP

株式会社ミヤモトオレンジガーデンが製造・販売する「純粋まごころみかんジュース」がiTiの2つ星を受賞しました。

100%ストレートジュースで非熱処理加工だそうです。

 

ストレートジュースと濃縮還元の違いを調べてみました。

簡単に言うと絞った果実をそのままジュースにしたのがストレートジュース。濃縮還元は絞った果実の水分を飛ばし濃縮して保管していたものに水を加えてジュースにしたものです。

 

ジュースの水分が果汁か水かの違いは味に与える影響は大きいと思うのでストレートと聞くだけで濃縮還元より味が濃そうなイメージを持ちます。実際に飲み比べたことがないので機会があれば、味にどのような変化があるのか試してみたいです。株式会社ミヤモトオレンジガーデンさんが協力してくれると嬉しいですね。「純粋まごころみかんジュース」に使われている愛媛県産の温州みかんで濃縮還元タイプとストレートタイプの飲み比べセットで販売していただけないかなと。非熱処理加工も熱処理に比べて味への変化がどのように表れるのかビタミン等栄養面の違いなのか私には未知の世界なので、もし知れる機会があれば試してみたいですね。

 

以前、青森県のお土産でリンゴジュースの品種の飲み比べをいただいたことがあります。王林やふじ、つがる等5種類位の飲み比べでした。数人の友人達と飲み比べしましたが「私はこれが好き」とか「スッキリしてるからゴクゴクいっちゃう」など人それぞれの好き嫌いもそうですがシチュエーションによっての合わせ方など使い分けを知れてとても嬉しいお土産でした。

 

品種での違いも楽しかったのですが、加工の仕方での味の違いも知れたら楽しいだろうなと私の好奇心がうずきました。私が知らないだけで世の中には色々なものがあるので調べてみようと思います。

 

私は「純粋まごころみかんジュース」をiTiの2つ星を受賞していたから知ることができました。

消費者認知してもらうキッカケの一つとしてiTiへのエントリーを考えてみませんか?

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品17

2019年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

sea-sun 勝山シークヮーサーの写真

引用:有限会社勝山シークヮーサーHP

有限会社勝山シークヮーサーが製造・販売する「sea-sun 勝山シークヮーサー」

がiTiの3つ星を受賞しました。

 

有限会社勝山シークヮーサーのHPによると、この製品は2012年から2019年まで7年間連続してiTi(iTQi)の3つ星を受賞しているようです!

 

これだけの間連続して3つ星を受賞している製品は、なかなかありません。

その秘密がどこになるのか、HPをさがしてみたのですが、見つかりませんでした。

 

ただ1行だけ、「その贅沢なストレート果汁を楽しんで頂くために、無添加・無着色にこだわり丁寧にビン詰めしました。」との記載しかありません。

 

素材の味だけで、iTiの3つ星の評価を得ることができるとしたら、原料のシークヮーサーが本当に素晴らしいものなのかもしれませんね!

 

ただ、原料自体が素晴らしいと宣伝しても、なかなか信用してもらえないのではないでしょうか?

一度でも飲んでみてもらえば分かると思っていても、飲んでもらえないとその良さが伝わりません。

 

こんな時に、iTiが役立ちます!

 

iTiを受賞し、ボトルやポップ等にiTiのロゴマークを印刷すれば、優れた味覚の製品だと一瞬で認識してくれます。

すると、消費者が、ECサイトでこの製品を選んでくれる確率も上がると思います。

 

iTiのロゴマークをボトルやポップ等に印刷して、他社製品と差別化してみませんか?

売上もきっとアップすると思いますよ!

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品16

2019年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。
JA全農あおもりが製造・販売する「希望の雫 りんごジュース」がiTiの3つ星を受賞しました。

希望の雫 りんごジュースの写真

引用:JA全農あおもりHP

JA全農あおもりのHPによると、2011年から連続でiTi(iTQi)を受賞しているそうです。
また、同時にモンドセレクション金賞も2011年から連続で受賞しているそうです。
スゴイですね!
さて、りんごジュースだと、他のものと差別化できないのではないか?と思う方もいるかもしれません。

その点については、JA全農あおもりはちゃんとHPで説明していて、この製品は「密閉搾り」で製造されているので、他のりんごジュースと違うと説明しています。

 

ちなみに、JA全農あおもりのHPでは、「密閉搾り」とは『「密閉破砕搾汁機」の導入により、製造工程において空気に触れない状態で、りんごを破砕・搾汁することで、JAアオレンが世界で初めて確立した、酸化防止剤(ビタミンC)を使用しなくても褐変しない特殊製法です。 また、密閉されたラインで生産することで、香りの飛散を最小限にとどめ、より生の果肉に近いりんごジュースが完成しました。』と表示されています。

酸化しないということは、りんごを圧搾したときの成分の状態で飲めるということなのでしょうか?

なんか、飲みたくなってきますよね!

 

でも、味って人それぞれ感じ方が違うし、どうなんだろう?と思ったことはありませんか?

こんな時に、iTiが役立ちます!

 

iTiを受賞し、ボトルやポップ等にiTiのロゴマークを印刷すれば、優れた味覚の製品だと一瞬で認識してくれます。

すると、消費者が、ECサイトでこの製品を選んでくれる確率も上がると思います。

 

iTiのロゴマークをボトルやポップ等に印刷して、他社商品と差別化してみませんか?

売上もきっとアップすると思いますよ!

 

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品15

2019年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

サッポロ ホワイトベルグ

引用:サッポロビール株式会社HP

サッポロビール株式会社が製造・販売している「サッポロ ホワイトベルグ」がiTiの3つ星を受賞しました。

サッポロビール株式会社のHPによると、「6年連続3つ星受賞」だそうです。

先日ご紹介したアサヒビールの「クリアアサヒ プライムリッチ」よりも2年も早くiTi(iTQi)に申請し、3つ星を受賞しています。

さて、この製品ですが、ベルギー産の麦芽を使用すると共に、コリアンダーシードとオレンジピールを使って香りづけを行っているそうです。

最近は、このようなビールテイストの製品も増えているようです。

さて、サッポロビール社のように日本を代表する有名大手飲料メーカーが、こぞってiTiを申請し、優秀味覚賞を受賞しているのは、マーケティング上、有効だからだと思います。

このように、大手ビールメーカーでも活用しているiTiを申請してみませんか?

優秀味覚賞を受賞してパッケージや商品にiTiのロゴマーク印刷すると、消費者が、ECサイトでその製品を選んでくれたり、実際のお店では手に取ってくれる確率が上がると思います!

売上もきっとアップすると思いますよ!

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品14

2019年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

アサヒ プライムリッチの写真

引用:アサヒビールHP

アサヒビール株式会社が製造販売する「クリアアサヒ プライムリッチ」がiTiの3つ星を受賞しました。

アサヒビール株式会社のHPによると、この製品は、この受賞によって4年連続3つ星受賞となったそうです。

この製品のテレビCMで、松下奈緒さんが「3つ星受賞」という言葉を使っていたことから、iTi(以前はiTQi)を初めて知ったという方も多いと思います。

弊社でも、実はそういう状況でした。
「3つ星」って何だろう?と思いませんでしたか?

弊社では、それがきっかけで、iTi申請代理サービスを立ち上げました!

そのような製品が4年連続で3つ星を受賞なんて感慨深いですね。

さて、アサヒビール社のように日本を代表する有名大手飲料メーカーが、こぞってiTiを申請し、優秀味覚賞を受賞しているのは、マーケティング上、有効だからだと思います。

テレビCMにも使われているし、この製品の売上に相当寄与しているのではないでしょうか?

このように、大手ビールメーカーでも活用しているiTiを申請してみませんか?

優秀味覚賞を受賞してパッケージや商品にiTiのロゴマーク印刷すると、消費者が、ECサイトでその製品を選んでくれたり、実際のお店では手に取ってくれる確率が上がると思います!

売上もきっとアップすると思いますよ!

iTi申請代理サービスのHPはこちら