作成者別アーカイブ: branche1

2019年優秀味覚賞受賞製品33

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

釜石鉱山株式会社」が製造・販売す「[仙人秘水がiTi(iTQi)の3つ星を受賞しました。

釜石鉱山株式会社は1979年3月2日に設立し、鉱泉水の製造販売・鉱山物化工品の製造販売・坑道及び地下利用研究受託業務を行っています。

 

ホームページで釜石鉱山の歴史を拝見すると、

1857年(安政4年)に本格的な鉱山開発が始まり製鉄所が作られ、1950年(昭和25年)に新山坑で銅鉱床が発見され銅の選鉱場も作られて鉄・銅併産体制が確立されました。1989年(平成1年)に鉱泉水(仙人秘水)の製造を開始しました。1992年(平成4年)には銅の採掘を終了し、翌年1993年(平成5年)には大規模な鉄鉱石の採掘を終了し、新鉱山・鉱泉水・地下空洞跡地利用の事業を展開したそうです。

釜石鉱山は100年以上にわたり、日本の製鉄の発展とともに歩み、鉄の町「釜石」を支えてきた歴史に色々な物語があったのだろうなと本や映画など探してみたくなりました。銅の選鉱場では最盛期には約3000人の人々が働いていたそうです。面白いストーリーが色々ありそうで想像するだけでワクワクしてきます。

 

釜石鉱山には、総延長1,000キロ・メートルを超える坑道と、東京ドーム25杯分にもなる巨大な採掘地下空洞が存在します。いくつもの階層に分かれた坑道が、まるで巨大な蟻の巣のように広がっているそうです。坑内はトロッコ列車「バッテリー・ロコ」で移動し、地下水力発電用のダムや「グラニット・ホール(地下音響実験室)」もあるそうです。グラニット・ホールはコンサートやレコーディングに利用されたそうです。

「仙人秘水」の水源はトロッコ列車で20分、大峰山(標高1,147m)の直下約600メートルに位置し、水源の上には磁鉄鉱の鉱床が存在する場所にあるそうです。

 

「仙人秘水」の説明としてホームページでは、

磁鉄鉱の鉱床をはじめ、石灰岩・花崗岩など様々な厚い岩盤を雨や雪が数十年の歳月をかけて通ることで研ぎ澄まされ、浸透した水が岩盤の裂け目からコンコンと湧き出します。
天然のフィルターを透して生まれた仙人秘水は日本でも数少ない弱アルカリ性のミネラルウォーターです。

この良質な水質を活かすために、加熱処理や殺菌など人的処理をいっさい加えずボトリングしております。(フィルターによるろ過除菌のみ)

と記載しています。

岩手の酒造メーカー三社でビール、日本酒、焼酎に原料として使われています。

数あるミネラルウォーターからお酒の原料に選ばれるとは誇らしいことだと思います。

日本のミネラルウォーターが何種類あるのか気になってきました。一つの山でも水源や採水地が数か所あると考えられるのでいくつあるのか脱線して日本の山の数を調べてみました。日本山岳会のホームページ「親子登山」のサイトのクイズには「25,000分の1の地形図に16,667の山が載っている」との記載があります。さらに、「地形図に載っていない山もある」との記載もあります。全ての山で採水できるわけではないと思いますが、10,000種類位あるかもしれませんね。想像すると面白く色々調べてみたくなります。親子登山のサイトは植物や動物、山での食事や妖怪など面白そうな内容で通勤中にゆっくり見たくなりました。

iTi(iTQi)の受賞製品は世界を広げてくれる製品が多く楽しくなります。

 

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品32

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

秩父天然水「満願」

引用:サン・グリーン株式会社ホームページ

「サン・グリーン株式会社」製造・販売する[秩父天然水 満願」 がiTiの3つ星を受賞しました。

サン・グリーン株式会社はオートキャンプ場や温泉スタンド、天然水の販売を行っています。

 

製品名になっている満願の由来をホームページでは

 

願いは必ず満ちる、すなわち満願である。秩父温泉満願の湯はここから名づけられたのです。

秩父で本格的温泉として湧出に成功した秩父温泉満願の湯は、浅間・富士火山からなる山中地溝帯線の石英閃緑岩の裂け目にそって長い年月をかけ地下数百メートルで育まれた最高の温泉です。

こんこんと湧き出る源泉はきわめて豊富であり、秩父礼場34番日澤山水潜寺地下深くの断裂がもたらしたロマンあふれる大地の恵みです。

自然の雪雨が幾重からなるこの山塊を数百メートル浸水するには一般的に、何千年もの歳月がかかると言われており、まさに悠久の時を刻み磨きぬかれた貴重な天然の資源です。」

 

と記載しています。

ただ製品名を聞くだけより名前の由来を知ると製品に対する意識が不思議と変わります。

製品に込められた想いを受け止めるからかもしれませんね。

単純ですが、飲んでみたくなります。

 

今回、3つ星を受賞した「秩父天然水 満願」は水素イオン濃度(ph)9.5と高アルカリなのが特徴です。

アルカリ水と聞くとなんだか良さそうなイメージをもちます。

調べてみると、アルカリ水のメリットが色々ありました。

酸性に傾いてバランスを崩した胃の神経部分を中和させてくれるので胃酸過多の改善効果や油汚れや皮脂汚れなど酸性の汚れ(コンロ回りなど)の掃除にも効果があります。お料理でも効果を発揮します。煮物に使えば素材の旨味がよくでたり、抽出力が高いので短時間でアクがたくさん抜くことができるそうです。消臭効果もあり、食事後の酸性に傾いた口内をアルカリ水でうがいするだけで、虫歯リスクや口臭予防になるそうです。ハミガキできない時でもアルカリ水で食後うがいするだけなら手軽にできそうです。

アルカリ水の作り方も調べてみると、重曹を入れて作る方法やレモンを入れて作る方法等いくつかありました。

作り方を知ったうえで日々を思い返してみると、「台所を重曹で掃除するときれいになるって聞いたなぁ」「飲食店のレモン入りの水って虫歯予防や口臭予防にもなっていたんだぁ」とスルーしていた日常に深みが増しました。

何気なく過ごしている日常ですが、少し目線を変えると色々な人の優しさや想いに気付きほっこりします。

イメージで良さそうと決めつけていたことを少しだけ調べての発見です。iTi(iTQi)受賞製品のおかげで世界観を広げるチャンスが増えました。

今回はアルカリ水のメリットにフォーカスしましたが、デメリットもありますので、飲みすぎに注意し、自分に適した使い方をお勧めいたします。

 

 

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品31

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

「株式会社桜島」製造・販売する「樵のわけ前117」 がiTiの3つ星を受賞しました。

2006年、iTi(iTQi)に初エントリーし1つ星を受賞しています。2007年、2008年は2つ星を受賞し、2009年に3つ星を受賞しました。当時の日本の天然水では初の3つ星受賞だったそうです。その後は、3つ星受賞を維持し続けています。

受賞ランクを上げ、3つ星受賞を維持し続けることは大変なことだと思います。

他にも、2006年からモンドセレクションも連続受賞し、2015年からはDLG食品競技会でも金賞を受賞しています。DLG食品競技会で日本の天然水の受賞は「樵のわけ前1117」が初受賞だそうです。

 

樵のわけ前

引用:株式会社桜島ホームページ

株式会社桜島がある鹿児島県垂水市は、名水の都で高隈山系に降る雨は、大地に濾過され、やがて名水となるそうです。その名水をはぐくむ高隈山系の麓を採水地にし「樵のわけ前1117」の工場を設け地下1117mの奥深くから汲みあげているそうで、偶然にも鹿児島を代表する活火山「桜島」の標高と同じです。

「樵のわけ前1117」はマグネシウム分が少なく、口当たりの良いナチュラルミネラルウォーターだそうです。

ホームページに記載があったのですが、お米を炊く際に使用するとお米が美味しく炊けるということです。美味しいお米を食べたいと思った時「お米ではなくお水を替えてください」とは新しい発想でした。

天然水はみんな同じ感覚がありましたが、ミネラル成分は各採水地によって変わり、お米への影響も変わるということに気づかせてくれる言葉でした。

「樵のわけ前1117」はお米に浸透しやすく、ふっくらと炊き上がるそうで試してみたくなりました。

知らない世界を知るのは楽しいです。世界を広げるキッカケになるiTi(iTQi)受賞製品が世界中の人々の目や手に留まるといいですね!

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品30

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

ふじの天然水さらり

引用:宅配水うるのん公式ページ

「株式会社 TOKAI」製造・販売する「富士の天然水 さらり」 がiTiの3つ星を受賞しました。他にも「朝霧のしずく」が3つ星、「朝霧のしずくマイルド」が2つ星を受賞しています。

iTi(iTQi)の水部門は183品が受賞しています。そのうちの30品が日本です。そして、日本受賞30品のうち3品が株式会社TOKAIの水になります。

「富士の天然水 さらり」はモンドセレクションも最高金賞を受賞しています。

「富士の天然水 さらり」は宅配ウォーターサーバーのお水です。

ここ20年ぐらいで一気に宅配ウォーターサーバーが普及したイメージです。

小さい頃は水を買うという意識はなく蛇口をひねれば水が出るからと思っていましたが、時代とともに水への意識が変わってきて、家庭によって浄水器や宅配ウォーターサーバーやミネラルウォーターを使い分けていたりと水道水だけの人が今では少ないように感じます。

水がただの水ではなく、味や風味、ミネラル成分等の付加価値が必要になっているのでしょうね。

世界から色々な水がエントリーされる中、日本の受賞30品はすべて3つ星か2つ星でした。

日本の水製品の素晴らしさを感じます。

以前、外国の方が「日本人は安全でおいしい水が水道水から飲めるのに水を買う」と言っていたのを思い出しました。世界には安全な水がないところもあります。水道水を届けることは出来ませんが、世界各国に安全で美味しい水が提供されるようになるといいと思います。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品29

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

株式会社ふじや茶舗製造・販売する「花寿」がiTiの2つ星を受賞しました。

抹茶缶「花寿」

引用:株式会社ふじや茶舗ホームページ

花寿」は宇治抹茶です。

抹茶は普通の茶葉のように強い日差しを浴びないようによしず棚などを使い茶畑を覆って育てた茶葉を粉にしたものです。茶葉は日差しを浴びると、旨み成分のテアニンが渋み成分のカテキンに変身するので旨み成分が少なくなってしまうそうです。手間がかかる分、高価になりますが旨み成分が豊富です。

 

ホームページの商品説明には

抹茶の中でもごく一部しか取れない極上品質の高級茶葉を使用。
口どけするような深く甘い抹茶の風味が口全体に広がります。

濃茶として味わっていただくことをおすすめしております。

と記載があります。

日常生活で抹茶をいただく機会は少なく抹茶製品(菓子等)や茶道で味わう人が多いと思います。

茶道の敷居は高く感じてしまい抹茶を味わうより緊張する人のほうが多いのではないでしょうか。

調べてみると抹茶の飲み比べを提供している施設が京都にありました。

12種類の異なる品種の抹茶を飲み比べできるそうです。

品種以外にも畑別飲み比べや被覆期間別の飲み比べもあり楽しそうな施設です。

京都に旅行に行ったら立ち寄りたい施設です。

iTi(iTQi)の受賞製品は好奇心を刺激し世界を広げてくれる製品が多いと感じます。

妄想の世界ですが、京都に旅行に行きリフレッシュしてしまいました。

他にもiTi(iTQi)の受賞製品はどんな世界を広げてくれるのかワクワクします。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品28

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

あじかん焙煎ごぼう茶

引用:株式会社あじかんホームページ

株式会社あじかん製造・販売する「あじかん焙煎ごぼう茶プレミアムブレンド」がiTiの2つ星を受賞しました。他にも「山﨑農園産あじかん焙煎ごぼう茶」が2つ星を受賞しています。

 

株式会社あじかんのホームページを見て生産への努力が素晴らしいと感じます。

 

プレート式連続玉子焼焼成装置を導入し、生産能力を2倍に増強することに成功した守谷工場や安全管理の国際基準になるといわれているHACCP認定レベルの設備を搭載した静岡工場、他国内に3か所の工場と海外に2か所の工場を保有し安定提供を維持し続けています。

 

ホームページの「生産技術への挑戦」には

「あじかんは、1969年に他社に先駆けて「回転式だし巻き機」を開発しました。その後も、広島工場の稼働にあわせた「オーブン式連続厚焼焼成機」をはじめ、手焼き風の玉子焼が1時間に約1,400本製造できる「プレート式連続玉子焼焼成装置」や、従来の重ね焼きに比べて約2 倍の生産能力を誇る「ドラム式連続玉子焼焼成装置」を開発し、独自の技術であじかんの量産体制を支えてきました。

2017年には、つくば工場の稼働とあわせて「玉子焼の新製造ライン」や「ごぼうの連続調理ライン」、「ごぼう茶原料の自動乾燥ライン」を開発導入し、生産体制の強化を図りました。」

と記載があります。

 

生産性をあげる意識が株式会社あじかんを大きくしてしてきたのだと感じます。

 

保有特許が9件あり特許技術を使用し製造された「きんぴらごぼう」に興味を惹かれました。

 

パリッとしたごぼうの触感が残っているそうです。

 

今回iTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した「あじかん焙煎ごぼう茶プレミアムブレンド」は機能性表示食品で製造方法で特許を取得しているそうです。

 

素材や成分、製造方法にもこだわった「あじかん焙煎ごぼう茶プレミアムブレンド」とても気になります。

 

どんな味がするのか試してみたい一品です。

 

iTi(iTQi)の受賞製品は新しい発見をさせてくれる製品が多くワクワクします。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品27

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

玄米茶

引用:株式会社小谷穀粉ホームページ

株式会社小谷穀粉製造・販売する「玄米茶」 がiTiの3つ星を受賞しました。他にも煎茶が1つ星、ほうじ茶が2つ星を受賞しています。

 

株式会社小谷穀粉は1932年(昭和7年)創業、高知県で米穀製造販売店としてスタートしたそうです。

 

ホームページには、

「創業時より、米・穀物に関連した製品の豊富な取り扱い経験により、技術力の向上に努め、麦茶業界でいち早く衛生的な除砂麦茶の量産化に成功しました。現在は、玄米茶の素・麦茶だけでなく、 緑茶・烏龍茶・健康茶・雑穀・特定保健用食品・機能性表示食品なども主力商品とし、お茶と穀物に特化して多岐にわたる製品をご提供しております。」

と記載があります。

 

簡単にお茶と言ってしまいますが、お茶にどんな種類があるのか気になって調べてみました。

 

日本茶だけでも煎茶・玉露・番茶・ほうじ茶・玄米茶・抹茶・茎茶・・・

色々ありました。原料や製造の違いによって何種類にも分類されるようです。

 

お茶の世界は深そうです。だからこそ世界で色々なお茶が飲まれ、お茶に魅せられる人々も多いのでしょう。

 

つい2ヶ月位前ですが、日本茶を美味しく淹れるコツを知りました。

急須の蓋の穴を注ぎ口側に合わせるという方法です。

 

聞いて「そういえば穴があったな」くらいで今まで意識していませんでしたが、蓋の穴の役割は急須の中に空気を取り込むためだそうです。

 

空気が入ることで急須内で対流が起こり、お湯が回転するような動きをしながらお茶の味を浸出するそうです。

 

急須の蓋の穴を注ぎ口側に合わせると蓋がぴたっと閉まり、注ぐときには急須の中でほどよくお湯が回転してお茶の出もよくなるそうです。

 

聞いてからは穴を注ぎ口側に合わせています。

今まで知らなかったことを知ると楽しくなります。考え出した人や作り上げた人々、広めた人々の優しさを感じます。

 

あなたの優しさが詰まった製品もたくさんの人々に届くといいですね。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品26

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

キーコーヒー株式会社製造・販売する「トアルコトラジャ」 がiTiの2つ星を受賞しました。

トアルコトラジャ

引用:キーコーヒー株式会社ホームページ

「トアルコトラジャ」以外にも5つ受賞しており、「プレミアムステージスペシャルブレンド」が3つ星、「DRIP ONスペシャルブレンド」「プレミアムステージモカブレンド」「トラジャブレンド ルアール」の3つが2つ星、「プレミアムステージキリマンジェロブレンド」が1つ星を受賞しています。

 

「トアルコトラジャ」と聞きなれない単語を調べてみました。

トラジャコーヒーとはトラジャ地方(インドネシアのスラウェシ島)のみで産出されるコーヒー豆のことです。

「トアルコ(TOARCO)」は、「トラジャ(TORAJA)」と「アラビカ(ARABICA)」、「コーヒー(COFFEE)」から頭文字をふたつずつ取って「トラジャ地方で採れたアラビカ種のコーヒー」という意味で名づけられました。

「トアルコ(TOARCO)」と「トラジャ(TORAJA)」はトラジャのコーヒー豆を復活させた「キーコーヒー」の登録商標だそうです。

 

コーヒー豆栽培にはワインと同じで気候や土壌など栽培環境も大きく影響するようです。

キーコーヒー株式会社は面積530haのパダマラン農園があるそうです。

コーヒーの木約35万本が栽培され、コーヒーの木の周りには土壌を守り、作業効率を高めるためのマメ科やイネ科の植物(カバークロップ)、直射日光を遮る樹木(シェードツリー)も植えられています。そして、自然との共生の中で、脱肉後のパーチメントを堆肥に利用した循環農法を実践しているそうです。

 

2020年キーコーヒー株式会社は100年目になるそうです。コーヒー豆に情熱を注ぎ続けたからこその6製品の受賞という快挙なのだと思います。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品25

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

プレミアムレスト

引用:AII My Teaホームページ

All My Tea製造・販売する 「プレミアムレスト」がiTiの3つ星を受賞しました。

「プレミアムレスト」と名前だけでは製品が何か想像がつかず、特別?休み?なんだろう?と興味を惹かれました。

AII MY Teaのウェブサイトを見ていただくとおわかりいただけますが、ルイボスをブレンドしたハーブティーでした。改めて見てみると社名にTeaが付いています。恥ずかしいですが、全然気付かず自分で自分にビックリです!

ウェブサイトを見ていくと、とても素敵なハーブティー屋さんだと感じていきます。

ハーブティー愛がとても伝わってきて、社名に込めた想いも素敵です。

趣味で振舞っていたハーブティーがキッカケで2014年にAII MY Teaを立ち上げ、2016年に iTi(iTQi)で日本で初の最高ランク最優秀味覚賞の三ツ星を受賞したそうです。

世界に通用する趣味って凄いですね。代表者の方の世界観がハーブティーを通して感じられそうです。

まだAII MY Teaのハーブティーを飲んではいませんが、何かが広がった気がします。

単純な私は早速、職場の紅茶を飲み「プレミアムレスト」を飲んでいる疑似体験をしています。

iTi(iTQi)の受賞製品って素敵な製品が多いなと感じています。

受賞するのは難しいのかもしれませんが、日本のレベルの高さは世界に通用すると思っています。

あなたの製品も世界の消費者にも届けられたらいいですね!

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品24

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

まろやかなマイルドブレンド

引用:株式会社国太楼ホームヘージ

株式会社国太楼製造・販売する「アロマ20Pマイルドブレンド」 がiTiの2つ星を受賞しました。

他にも「アロマ20Pキリマンジャロブレンド」が2つ星を、「アロマ20Pモカブレンド」が2つ星を、「アロマ20Pスペシャルブレンド」が1つ星を受賞しています。

 

ホームヘージの「国太楼の歴史」を見てみると面白い。

株式会社国太楼は最初は緑茶の販売から始まりサービスとして海苔を取り扱っていたが、嗜好品の緑茶バイヤーと乾物の海苔バイヤーが異なる場合が増えてきたため緑茶のサービスとしてコーヒーを取り扱うことからコーヒー事業へと参入してきた企業です。研究、開発努力が素晴らしく業界初のチャレンジが多いことが歴史から伺えるます。

今回、受賞した「アロマ20Pマイルドロブレンド」は贈答用とは違い日用使いとして手軽に楽しめるコーヒーです。その「アロマ20Pマイルドロブレンド」が味のみで評価するiTi(iTQi)で受賞するとは正直驚きました。

コーヒーに詳しくないので今日までこの製品を知りませんでしたが、もしコーヒーを買いに行っても「値段なり」と思ってしまうのでパッケージからは味の期待はしないと思います。飲んだ人にしかわからない味やコストパフォーマンスの良さ。飲んでみたくなりませんか?

1杯19円。ワンコインでおつりがくる手軽さ。こんな手軽に世界が認める味を試せるなんて近所のスーパーにおいてあるかなと今からワクワクしています。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら