作成者別アーカイブ: branche1

2019年優秀味覚賞受賞製品20

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

青研葉とらずリンゴジュース

引用:株式会社青研オンラインページ

株式会社青研が製造・販売する「葉とらずりんご」がiTiの2つ星を受賞しました。

「葉とらずりんご」は1本(1,000g)に6個分のリンゴを使用し、砂糖や水、香料を一切加えず皮ごと丸搾りの100%りんごジュースです。季節や収穫日によって紅玉やふじ等5種類のりんごをバランスよくブレンドしているそうです。だから、注文時期によって味の違いを楽しめるようになっているようです。「今回はふじ主流っぽい」とか「前回より酸味がまろやかな気がする」とか季節や味わいを感じる楽しみがありますね。

リンゴと言えば青森県や長野県のイメージが強いです。

株式会社青研は?と思い調べると青森県弘前市でした。

全国のりんごの生産量が気になり調べてみました。

りんご大学による2018年の全国市町村別生産量ランキングによると、

1位 青森県弘前市 176,600トン

2位 長野県長野市  39,143トン

3位 青森県青森市  36,900トン

以下10位まで青森県でした。

りんご大学の県別生産量ランキングによると、

1位 青森県 445,500トン

2位 長野県 142,200トン

3位 岩手県  47,300トン

で、全国では756,100トンでした。

長野県や山形県のイメージもありましたが、青森県の生産量の多さに驚きました。

りんご大学のサイトには面白いことがたくさん載っています。

品種もこんなにあるのかと驚きましたし、「いぼりりんご」探してみたくなりました。

りんごチャート表もわかりやすく、世界のりんごに関することわざもありました。

仕事中ですが、私の好奇心をくすぐるサイトでやめられなくなってしまいます。

葉とらずりんごジュース195g

引用:株式会社青研オンラインページ

りんご大学のサイトで少し知識を得たうえで改めて「葉とらずりんご」の商品ページを見ると、また違った商品のイメージが広がってきます。

何をキッカケに商品を知るか色々あると思います。

知らなければ購買することはありません。

iTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞していたおかげで「葉とらずりんご」を知ることができ、繋がりで「りんご大学」も知ることができました。帰りの電車では確実にりんご大学のサイトを見ると思います。そして、プレゼントにも良さそうなので、味見がてら葉とらずりんごを購入したいと思っています。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品19

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。株式会社トキワが製造・販売する「梅ごこち」がiTiの2つ星を受賞しました。

引用:株式会社トキワHP

「梅ごごち」とは梅のお酢ドリンクです

ホームページの記載されていますが、「梅ごごち」のサクセスストーリーは1983年に地区観光協会から「梅を原料にした新しい特産品ができないだろうか。」という相談をうけたことが始まりだそうです。

 

クエン酸効果もあり、今でこそお酢を飲む人も増え様々な果実酢がありますが、当時はお酢を飲む習慣は少なかったと思います。果実酢もリンゴ酢くらいしかなかったのではないでしょうか?

 

そんな1984年に清涼飲料水「プラムカクテル」として商品化されたそうです。

そこから毎年試行錯誤を繰り返しながら改良を重ね、急がずあせらずじっくりゆっくり時間をかけてお酢のカドを取り、甘酸っぱいまろやかな今までにない健康飲料「梅ごごち」になったそうです。

 

35年の年月に企業の並々ならぬ努力と愛情を感じます。

私も梅は好きで毎年梅酒を作ります。

 

自分たちが飲む分だけなので材料や分量、衛生面も適当です。

年によって違う味わいを楽しむのも素敵な時間ですが、「梅ごごち」のようにこだわりにこだわって追及し続ける味も感慨深く素敵な時間を過ごせそうです。

「梅ごごち」を知って色々な食し方がありそうですが、「梅ごごち」を炭酸とお酒で割ったものと梅酒と飲み比べをしてみたくなりました。

 

どの製品にも色んなサクセスストーリーがあると思います。

あなたの製品も知ってもらう機会が増えるといいですね。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2019年優秀味覚賞受賞製品18

2019年にiTi(iTQi)の優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

純粋まごころみかんジュース

引用:株式会社ミヤモトオレンジガーデンHP

株式会社ミヤモトオレンジガーデンが製造・販売する「純粋まごころみかんジュース」がiTiの2つ星を受賞しました。

100%ストレートジュースで非熱処理加工だそうです。

 

ストレートジュースと濃縮還元の違いを調べてみました。

簡単に言うと絞った果実をそのままジュースにしたのがストレートジュース。濃縮還元は絞った果実の水分を飛ばし濃縮して保管していたものに水を加えてジュースにしたものです。

 

ジュースの水分が果汁か水かの違いは味に与える影響は大きいと思うのでストレートと聞くだけで濃縮還元より味が濃そうなイメージを持ちます。実際に飲み比べたことがないので機会があれば、味にどのような変化があるのか試してみたいです。株式会社ミヤモトオレンジガーデンさんが協力してくれると嬉しいですね。「純粋まごころみかんジュース」に使われている愛媛県産の温州みかんで濃縮還元タイプとストレートタイプの飲み比べセットで販売していただけないかなと。非熱処理加工も熱処理に比べて味への変化がどのように表れるのかビタミン等栄養面の違いなのか私には未知の世界なので、もし知れる機会があれば試してみたいですね。

 

以前、青森県のお土産でリンゴジュースの品種の飲み比べをいただいたことがあります。王林やふじ、つがる等5種類位の飲み比べでした。数人の友人達と飲み比べしましたが「私はこれが好き」とか「スッキリしてるからゴクゴクいっちゃう」など人それぞれの好き嫌いもそうですがシチュエーションによっての合わせ方など使い分けを知れてとても嬉しいお土産でした。

 

品種での違いも楽しかったのですが、加工の仕方での味の違いも知れたら楽しいだろうなと私の好奇心がうずきました。私が知らないだけで世の中には色々なものがあるので調べてみようと思います。

 

私は「純粋まごころみかんジュース」をiTiの2つ星を受賞していたから知ることができました。

消費者認知してもらうキッカケの一つとしてiTiへのエントリーを考えてみませんか?

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら