カテゴリー別アーカイブ: 2017年受賞製品

2017年優秀味覚賞受賞製品20

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します

ティラミスチョコレート

引用:株式会社ピュアレHP

株式会社ピュアレが製造・販売している「ティラミスチョコ」が3つ星を受賞しています。

この商品は、「ローストアーモンドをキャラメルコーティングし、マスカルポーネをふんだんに使ったクリームチーズで包みココアパウダーで仕上げ」たものだそうです。

ところで、ピュアレのHPの下部を見ると、「類似品にご注意 ティラミスチョコはピュアレのオリジナル商品です」という表示があります。

調べてはいないのですが、類似品が販売されているのかもしれません。

類似品を排除するためには、まず商標登録が効果的なのですが、使っている名称が商標登録することができないものの場合には、どうしようもありません。

そこで、iTQiを取得するという方法が考えられます。
商標登録ほど直接的に類似品を排除することはできませんが、iTQiを取得することにより、味のお墨付きをもらっておけば、類似品との差別化が図れます。

このように、ラベルにITQiのロゴマークを貼って、他社製品と差別化をしませんか?
大企業も少しづつ、iTQiを活用し始めていますよ!

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

2017年優秀味覚賞受賞製品19

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します

KISO

引用:http://suigensuishop.com/

株式会社21インコーポレーションが製造・販売している「KISO(木曽の天然湧水)」が3つ星を受賞しています。

この商品は、「長野県、御岳山の豊かな森と大地により、ゆっくりと時間をかけ濾過された湧水で、酸素とミネラルをバランスよく含む水」だそうです。

この商品の通販サイトを見ると、iTQiの官能分析グラフを掲載しています。
これを見ると、素晴らしい成績であることが分かります。

ちなみに、業務用の大型ペットボトルにはiTQiの認証マークは表示されていませんが、カップウォーターにはちゃんと表示されていますよ(下写真参照)。

このように、ラベルにITQiのロゴマークを貼って、他社製品と差別化をしませんか?
大企業も少しづつ、iTQiを活用し始めていますよ!

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

KISOカップウォーター

引用:http://suigensuishop.com/

2017年優秀味覚賞受賞製品18

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します

とろける北海道ミルクの写真

引用:ソントンホールディングス株式会社 HP

ソントンホールディングス株式会社が製造・販売している「Sun & Table とろける北海道ミルク」が3つ星を受賞しています。

この商品は、「朝の食卓に彩りを与える太陽のような存在のジャム」をコンセプトにした瓶ジャムシリーズの1つで、北海道産 練乳・生クリームとロレーヌ岩塩の組合せで作られているそうです。

日本の製品は世界的に見ても味が良いようで、iTQiでも高く評価されています。

ちなみに、この商品の写真がiTQiのホームページにも掲載されているのですが、この写真のように、ラベルの右側にiTQiの表示がありません。

2017年にITQiの3つ星を取って、ラベルを作り直したようです。

このように、ラベルにITQiのロゴマークを貼って、他社製品と差別化をしませんか?
大企業も少しづつ、iTQiを活用し始めていますよ!

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

2017年優秀味覚賞受賞製品17

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します

粋透水

引用:iTQi HP

株式会社セイワリアルネットワークが製造・販売している「粋透水」が2年連続で3つ星を受賞しています。

「粋透水」は、福岡県にある二丈岳の麓、糸島市二丈深江伽藍が水源地の水で、温泉成分の「メタケイ酸」と「ラドン」が含まれており、硬度66mgの軟水でpH6.4の中性水です。

水の味の違いなんて分かるのか?と思われる方もいるかもしれませんが、iTQiの審査員には多数のソムリエも含まれています。

したがって、水のようなほとんど味のないものであっても味を識別できるのだと思います。

水のような微妙な味の違いしかないものであっても、しっかりと判断してくれるiTQiに申請してみませんか?
あなたの商品の味を客観的に評価してくれるはずです。

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

※ダイヤモンド味覚賞とは、過去10年間において7回の3つ星を受賞した製品に授与される賞です。

2017年優秀味覚賞受賞製品16

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

りんご乙女の写真

引用:iTQi HP

マツザワホールディングス株式会社が製造・販売している「りんご乙女」が3つ星を受賞しています。

「りんご乙女」は、2009年からiTQiに出品し、9年連続3つ星を獲得するとともに、ダイヤモンド味覚賞※も受賞しています。

マツザワホールディングス株式会社は、iTQiがそれ程知られる前から、この賞を活用したブランディングを行っていたようです。

その効果かどうかは不明ですが、たびたびテレビや新聞で紹介されており、テレビ番組の「ヒルナンデス」でも紹介されたようです。

このようなマスコミに取り上げられる効果も期待できるiTQiを申請してみませんか?

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

※ダイヤモンド味覚賞とは、過去10年間において7回の3つ星を受賞した製品に授与される賞です。

2017年優秀味覚賞受賞製品15

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

完熟イチゴの写真

引用:アイ・イート株式会社 HP

アイ・イート株式会社が販売している「完熟イチゴ」が3つ星を受賞しています。

完熟状態の大型イチゴは、流通時に損傷を受けやすく、なかなか品質を保持することができないのですが、この「完熟イチゴ」は、宇都宮大学が開発したイチゴの高品質輸送技術を用いることによってその問題点を解決しました。その結果、iTQiの3つ星を獲得しました。

なお、その高品質輸送技術は、大果系イチゴ用非接触型個別容器『フレシェル®』として販売されています。
果実の高品質輸送を考えている事業者の方は検討してみる価値があるかもしれません。

ちなみに、アイ・イート株式会社は、2014年に設立された宇都宮大学発ベンチャー企業ということなので、宇都宮大学とは深い関係があるようです。

今回の受賞は、イチゴの味覚というよりは、高品質輸送技術の評価を得るためにiTQiを受賞したのかもしれません。

このような用途にも使えるiTQiを申請してみませんか?

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

2017年優秀味覚賞受賞製品14

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

仙人秘水の写真

引用:iTQi HP

釜石鉱山株式会社が製造・販売している「仙人秘水」が3つ星を受賞しています。
この受賞により、「仙人秘水」は5年連続でiTQiの3つ星を受賞したことになります。

今までご紹介したものとは異なり、ろ過による除菌等以外に手を加えない「水」そのものもiTQiの審査対象となります。

「水」というと、味がなく、どれでも同じと思われるかもしれませんが、iTQiの審査員にはソムリエも含まれており、微妙な味の違いを識別できるようになっています。

「仙人秘水」のようなミネラルウォーターを製造・販売している事業者の方も、ブランディングの1つとしてiTQiに申請しませんか?

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

2017年優秀味覚賞受賞製品13

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

農家の深むし茶の写真

引用:iTQi HP

佐々木製茶株式会社が製造・販売している「農家の深むし茶」が3つ星を受賞しています。
お茶の葉のように、そのまま食べたり、飲んだりすることができない飲食品であっても、申請時にキチンと手続を行っていれば、iTQiに申請することは可能です。

具体的には、この飲食費の最も美味しいと思う食べ方(飲み方)に、それを英語で説明しておけばよいのです。

佐々木製茶株式会社もiTQiを申請する時に、最も美味しいと思われる飲み方を説明して申請したのではないかと思います。

弊社のiTQi申請代理サービスでも、この点に注力して申請しています。

ところで、佐々木製茶株式会社は、「農家の深むし茶」以外にも製品(お茶)を3つ申請していたようですが、このお茶以外は残念ながら2つ星でした。

iTQiの3つ星を獲得するのは、なかなか難しいようです。

このようなiTQi、貴社製品のブランディングの1つの手段として取り組んでみませんか?

2017年優秀味覚賞受賞製品12

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

こがしバターケーキの写真

引用:iTQi HP

株式会社向新の「こがしバターケーキ」が3つ星を受賞しています。
ちなみに、この「こがしバターケーキ」は、iTQi以外にも2016モンドセレクション2016と、ドイツ国際品質協議会(DLG)金賞を受賞しているようです。

株式会社向新は、『大阪泉州の和菓子店「むか新」』を運営している会社です。
主な商品は和菓子のようですが、南蛮浪漫菓子 SACCAIというブランドで洋菓子も製造・販売しており、今回その中の「こがしバターケーキ」が3つ星を獲得しました。

iTQiはベルギーにある審査機関ですので、iTQiの審査員にはヨーロッパ各国の調理師協会に所属している人が含まれています。
当然、洋菓子のスペシャリストも含まれています。
そのような審査員から3つ星の評価を得ることができるなんてすごいですね!

洋菓子の本場で高い評価を受けるのは難しいかもしれませんが、貴社製品のブランド化の1つとして、iTQi受賞に取り組んでみませんか?

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

2017年優秀味覚賞受賞製品11

2017年に優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

純黒にんにくの写真

引用:iTQi HP

株式会社岡崎屋の「純黒にんにく」が3つ星を受賞しています。
ちなみに、この「純黒にんにく」は4年連続で三つ星を受賞しています。このまま受賞し続ければ、ダイヤモンド賞※も受賞できるかもしれません。

さて、この「純黒にんにく」ですが、通常のにんにくと比較して、S-アリル-L-システイン16倍、アルギニン3倍、総ポリフェノール6倍に増加したスーパーにんにくだそうです。
これだけの機能性成分が含まれるのであれば、機能性表示食品としても認められるかもしれません。

作り方は、青森さんの「にんにく」を、独自の遠赤効果で30日以上熟成するそうです。このように、原料にちょっと手を加えた食品もiTQiの対象になります。

貴社製品のブランド化の1つとして、iTQi受賞に取り組んでみませんか?

iTQi申請代理サービスのHPはこちら

※ダイヤモンド賞とは、過去10年間において7回優秀味覚賞三つ星(総合評価90%以上)を受賞した製品に授与される賞です。