タグ別アーカイブ: ブランディング 差別化 宣伝 新商品開発

2021年優秀味覚賞受賞製品3

2021年にiTi(iTQi)のオイル・ビネガー部門で

優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

 

 

ゆず香

引用:戸塚醸造店HP

「戸塚醸造店」が販売する「ゆず香」が、

優秀味覚賞の3つ星を受賞しました。

 

戸塚醸造店は2005年(平成17年)に開業しました。

戸塚さんの前職は銀行員です。

元銀行員だった戸塚さんのお得意先回りのひとつに米酢工場がありました。

お得意先回りでは、色々な話を聞くそうです。高齢、後継者、重労働・・・。

そこで、人手不足を補うため、米酢工場を手伝っていた戸塚さん。

そして、米酢工場の先代の米酢への想いに惹かれ転職。

2000年(平成12年)から本格的に米酢作りの指導を受け、

2005年(平成17年)先代の心、酢酸菌を譲り受け戸塚醸造店を開業したそうです。

2008年(平成20年)iTi(iTQi)で今回受賞した「ゆず香」を発売。

発売から9年、2017年(平成29年)iTi(iTQi)で2つ星受賞。

2015年~2020年まで別製品でiTi(iTQi)の2つ星受賞しています。

そして、今回3つ星を受賞しました。

 

甕仕込みの純米酢作り、

昔ながらの醸造法にこだわり、

素材にこだわり、

1年半かけてじっくり作り上げていくそうです。

現在最新の技術を駆使してつくるお酢は、

最速8時間で出来上がるそうです。

 

2017年のiTi(iTQi)2つ星受賞から、

3つ星を受賞するまでの道のりは簡単なものではなかったと思います。

配合比を変えて味の調整をしているわけではないので、

風味を変えていくのは、難しいと思います。

戸塚醸造店は毎年改良を続け、ポイントを少しずつ上げてきたそうです。

それも、iTi(iTQi)の官能評価があったからこそだと思います。

 

官能評価結果では、味の第一印象や見た目、香りや味、食感や後味を評価してくれます。

オプションにはなりますが、

評価報告書では、製品のテイスティングしてのコメントや提案をしてもらえます。

後、製品の気になる問いへも3つまで返答してもらうことができます。

シェフとソムリエのコンクールやミシュランガイドやゴ・エ・ミヨなどの有名な機関で認められている審査員たちの評価を知る機会は滅多にありません。

世界で認められているシェフやソムリエの評価を製品改良に活かし、

製品の質を上げ受賞ランクも上げた戸塚醸造店。

結果、製品や店名の認知度も上げています。

認知されれば、自然に売上も上がっていきます。

受賞歴がある製品は、信頼度が高く贈答品にも選ばれます。

付加価値を付けられるので、値下げの価格戦争に巻き込まれることも防ぐことができます。

他製品との差別化付加価値がその製品のブランド力に繋がります。

 

企業の考え方によって、ブランド戦略も違うと思いますので、

まずは、お気軽にご相談ください。

知財のプロ、弁理士事務所の私たちがブランディングのお手伝いをします。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2021年優秀味覚賞受賞製品2

コロナ禍でもiTi(iTQi)で連続受賞している製品をご紹介します。

 

2021年、オイル&ビネガー部門で

株式会社キートス」が販売する「カシスの酢」が、

優秀味覚賞の3つ星を受賞しました。

2015年発売と同時にiTi(iTQi)で優秀味覚賞を受賞し、

2021年で7年連続受賞となります。

 

連続受賞する製品が増えましたが、2020年、2021年とコロナの影響もあり、

エントリーを控える企業も多い中、株式会社キートスは毎年エントリーし3つ星を受賞しています。

 

iTi(iTQi)にエントリーすることで、何が得られるのでしょうか。

 

・味の客観的評価を知ることができる

・味を客観的に分析してもらえる

・味覚評価を参考に製品改良ができる

・最高ランク3つ星の受賞の可能性がある

 

次に、iTi(iTQi)で受賞すると、何が得られるでしょうか。

 

・受賞により製品の良さを消費者に伝えやすくなる

・受賞により他製品との差別化がしやすくなる

・受賞歴により製品価値が高まる

・iTi(iTQi)のロゴや受賞マークのライセンス使用が3年間利用できる

・iTi(iTQi)のブランド力で宣伝効果が高まる

・授賞式での他企業との交流により刺激を受ける

 

最後に、株式会社キートスのように連続エントリーすることで、

何を手に入れられるのか考えてみましょう。

 

・受賞歴が増える

・品質を維持できていることを客観的に証明できる

・連続受賞によって消費者に安心感を与えやすくなる

・iTi(iTQi)のロゴや受賞マークのライセンス期間が延びる

・ライセンス期間延長のため、消費者への宣伝効果が長持ちする

・受賞ランクを上げる可能性が高まる

・連続受賞による特別賞が授与される

 

 

株式会社キートスの「カシスの酢」のように、

初エントリーから3つ星を受賞する製品もありますが、

最初は1つ星から徐々に受賞ランクを上げた製品もあります。

そして、株式会社キートスの「カシスの酢」は、

今年で7年連続3つ星を受賞しています。

定期的に変わるiTi(iTQi)の審査官にも変わらず、

3つ星を受賞し続けている「カシスの酢」の維持力に興味が湧きます。

大手企業でも受賞ランクを下げた製品があります。

そして、大手企業でもコロナ禍でエントリーを控えた製品もあります。

 

「カシスの酢」は、10年間で3つ星を7回受賞すると授与されるダイヤモンド味覚賞を今年授与されました。

そして、25年間で20回3つ星受賞ではアブソルート味覚賞が授与されます。

株式会社キートスの「カシスの酢」が、3つ星受賞歴をどこまで更新し続けるのか、とても楽しみです。

 

iTi(iTQi)へのエントリーには、費用がかかります。

ご自身でエントリーするには、時間と手間もかかります。

企業の考え方によって、エントリーの仕方も変わると思いますので、

まずは、お気軽にご相談ください。

知財のプロ、弁理士事務所の私たちがブランディングのお手伝いをします。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら

2021年優秀味覚賞受賞製品1

2021年にiTi(iTQi)の甘いお菓子部門で優秀味覚賞を受賞した製品をご紹介します。

チョコ南部PREMUMタブレットチョコ

引用:株式会社小松製菓

 

株式会社小松製菓」が販売する「チョコ南部PREMIUM Tablet chocoがiTiの3つ星を受賞しました。

2020年はエントリーしていないようですが、2017年から3年連続3つ星を受賞し、2019年にクリスタル賞を受賞しています。

 

株式会社小松製菓の始まりは、1948年(昭和23年)に創業者の小松シキさんが個人で小松煎餅店を創業したことから始まりました。

1970年(昭和45年)に株式会社小松製菓と法人化し、

1975年(昭和50年)に岩手屋、2008年(平成20年)に株式会社タルトタタンを設立しています。現在は、従業員数250名超えの規模になっています。

1948年から小松煎餅店で始まり、2021年で73年の継続年数になります。

個人の小松煎餅店から22年で法人化し、株式会社小松製菓になってから51年、南部せんべい一筋で会社を大きくしてきました。

継続することで生まれるブランド力があります。

コツコツと地道な努力を続け、その先に目指すゴールがあります。

 

今回iTi(iTQi)で受賞した、チョコ南部PREMIUMの「tabletchoco」ですが、南部せんべいとチョコレートを組み合わせたお菓子です。

南部せんべいに馴染みのある人は、チョコレートとの組み合わせに違和感を感じた人もいるでしょう。

南部せんべいの認識を覆す大きなチャレンジに思えます。

ですが、iTi(iTQi)では3つ星を連続受賞しています。

洋菓子の本場のヨーロッパ、チョコレート大国と言われるベルギーの品評会で、日本のチョコレート製品が3つ星を受賞できることは、とても名誉なことだと思います。

これによって、南部せんべいとチョコレートの組み合わせに違和感を持った人でも1度は試してみたくなった人が増えたことでしょう。

そして、南部せんべいが苦手だった人もiTi(iTQi)の3つ星受賞とチョコとの組み合わせで食べたくなった人もいると容易に想像できます。

後、南部せんべいを知らない人もiTi(iTQi)の3つ星受賞で、食す人が増えたのではないでしょうか。

受賞歴のある製品は、手土産や贈答品にも選ばれやすい傾向にあります。

ホームページでiTi(iTQi)の受賞を掲載したり、パッケージやPOPに受賞ロゴをプリントすることによって、消費者にわかりやすく受賞を認知してもらうことが出来ます。

他製品との差別化、iTi(iTQi)のブランド力によっての製品の認知の向上にも繋がります。

そして、株式会社小松製菓のように、認識を変えるチャレンジの際にiTi(iTQi)の官能評価結果官能評価報告書は参考になります。

客観的な製品の味の評価を知る機会になります。

しかも、世界の味覚のプロ、シェフ・ソムリエ協会のメンバーのシェフやソムリエたちの評価を知ることができるのです。

客観的に製品の味の評価を知ることで、消費者の満足度に繋がる改良がしやすくなります。

iTi(iTQi)の審査官は毎年変わるので、チョコ南部PREMIUMの「tabletchoco」のように連続3つ星受賞を獲得している製品に、興味を持つ人は少なくないと考えられます。

あなたは自社製品の味の評価を知りたくはありませんか?

 

 

まずは、お気軽にご相談ください。

知財のプロ、弁理士事務所の私たちがブランディングの協力をします。

 

申請方法が分からない方は是非ご相談ください。

iTi申請代理サービスのHPはこちら